※なお、iOSのアップデート時にJavaScriptの設定が無効になってしまう不具合が現在報告されています。, 「はい」を押すとカウントされます。FacebookやTwitter等、個人のSNSに連動して表示されることはありません。 「地元の人が気をつけているのは、”East Vancouver”と呼ばれる地域です。スカイトレインのエクスポライン沿い:Kingsway通り~ニューウェストミンスター(New Westminster)~サレー(Surrey)、危険度が上がるので滞在におすすめしません」

この銅像より奥に進んではいけません。急に雰囲気が悪化します。, チャイナタウンは、日本人観光客にとっての見どころはあまりないように思います。雰囲気や治安もよくありません。なにを見に行くかにもよりますが、飲茶か中華料理を食べるなら華僑の中心地リッチモンドに行けば十分と思いますし、そもそもバンクーバー中が華僑だらけです。, ガスタウンは観光客だらけなので心配いらないですが、チャイナタウンでガイドブック開いたり観光客丸出しはおすすめしません。夜行くのもやめましょう。, 地元の人が”East Vancouver”に気をつけると書かれていますが、”East Vancouver”は、はバンクーバー市内のメインストリートから東の地域すべてを指します(コマーシャルブロードウェイ駅やジョイス駅などを含みます)。一般的に地元の人も気をつけるのは、”East Van”ではなく、”Downtown Eastside”だと思います。, また、Kingswayからのエキスポライン周辺も危険とのことですが、スカイトレイン自体の治安が90年代後半から2000年代前半に問題になり、視認性を高めるために駅のメッシュフェンスからガラスへの交換や照明の増加、駅員の増員やTransit Policeの結成などにより、今ではあまり危険だと感じることはないと思います。パターソンやメトロタウンもKingsway沿いですが、ここ10年で個人的に危険だと感じたことはありません。メトロタウンには、駅前にデイズインやヒルトンホテルがあり、ショッピングモールもあるため、旅行者が行っても問題がないと思います。, ニューウエストやサレーの駅周辺も危険とのことですが、ここ数年で再開発が急速に進んでおり、こちらも2000年代のイメージとは違い、凶悪犯罪数もかなり減っています。, ニューウエストミンスターは、フレーザー川のほとりの遊歩道やリバーマーケット、コロンビア駅付近のお店など素敵なところがありますし、歩いていて危険を感じることはありません。, サレーは、街自体がかなり広く、サレー市だけで、バンクーバー市、バーナビー市、リッチモンド市の面積を合計したくらいの広さがあります。サレーでも、駅からかなり離れたニュートンやゲートウェイ駅は危険と言われていますが、それ以外は他の地域とあまり変わりません。ただし、住宅街なので、基本旅行者が行くことはないと思いますが、留学生やワーホリの方が住む分には問題がないと思います。, ダウタウンイーストサイド、コロンビア駅、ゲートウェイ駅周辺には、ホームレスシェルターがあるため、浮浪者をよく見かけますが、観光客の多いイエールタウン駅周辺にもホームレスシェルターがあります。, ただ、その地域の治安の善し悪しに関わらず、常に気をつけておくのが一番だと思います。, >Ken様 ご指摘ありがとうございます。 【トラベルコ】現地情報のプロ(ガイド)が、バンクーバー(カナダ)の治安・危険情報、トラブルに関する口コミ情報をお届けします。トラベルコならガイドブックには載っていない情報も掲載中です。 おそらくウォーターフロント駅の側から歩いていくことになると思いますが、蒸気時計を過ぎ、ガシー・ジャックというおっさんの銅像があるところまでは安全ですし観光客も多いです。Flying Pig(フライングピッグ)やL’Abbatoire(ラバトア)といった地元の人に人気のレストランも並んでいます。 という文章は、私の同僚達(生まれも育ちもBC州)の多くの生の声を記載したものです。統計的には犯罪は減っているはずで、Kenさんが指摘するとおりだと思います。, 私自身も2015年頃はEast Vancouverに住んでいて「他に比べてあまり雰囲気が明るくないな」と実感していたのと、East Hasting周囲が危険というのはどこでも書いてある情報なので、他のサイトにあまり書いていない「地元の声」として記載したつもりでした。ただ、多くの人が安全に生活している地域ですし、余計な不安や偏見を与える可能性も危惧して削除・修正しました。ご指摘を深謝いたします。, おっしゃるように、地域云々ではなく、常に気を付けておくのが最重要ですね。他にもございましたら、ぜひご指摘ください。本当にありがとうございました。, Copyright © 2020 おすすめのカナダ旅行. 読者の皆さまからの評価は、今後の記事作成の参考にさせていただきます。, ヘイスティングス ストリートやメインストリート周辺は、文化的にも歴史的にも興味深い街ではあるものの、ホームレスや麻薬中毒者の溜り場ともなっており、あまり安全とは言えない。特に「カーネギー コミュニティセンター(Carnegie Community Centre)」はホームレスに食事の提供等を行っているため、四六時中怪しい人々がたむろしている。夜はもちろん、日中であっても1人で歩き回るのは避けた方が良いだろう。道に落ちている注射器等にも触れないように。, 安全な街と言われているバンクーバー。とはいえ、やはりここは外国。実は人口比率で換算すると、東京都の約5倍の比率で犯罪が発生しているそうです。その多くが窃盗。特に空港等人が多く集まる所で多発していますので、日本とは違うことを意識して、特にパスポートやお財布の入った荷物からは絶対に手を離さないように注意しましょう。また空港内に両替場がありますが、レートも良くない上、スリ等に狙われる可能性もありますので、両替はダウンタウン等で行うようにしましょう。, ダウンタウンを南北に走る通りのうち、メインストリートの1つであるグランビル通り(グランビルストリート)。飲食店が多く、昼間よりも夜になると賑わいを見せる通りです。グランビル通りの南側、ネルソン通りからデイビー通りの間の数ブロックには成人向けのお店やナイトクラブ等があり、ちょっと目を背けたくなる雰囲気でもあります。夜遅くなると、お酒を飲んだ人が騒いでいたりするので、暗くなってからはグランビル通りを避け、他の道を通った方がいいかと思います。, バンクーバーに多く住む中華系移民が食材や日用品を買い求めたり、飲茶を食べたりと、平日・休日問わず人通りの多いチャイナタウン。最近ではサードウェーブコーヒー系のお店や日本のラーメン屋さんなども出来、ぜひ立ち寄っていただきたいエリアです。しかしバンクーバーの中ではあまり治安が良くないといわれるヘイスティング通りに近く、またスリも多いエリア。お店を覗いて見たりする際、お財布は必ずバッグに入れ、バッグからも手を離さないよう注意してください。, 市内で一番広いダウンタウンの中央図書館。平日は朝から夜9時まで開館、1階から6階まで自由に利用できる机やコンピュータが設置され、Wi-Fiも自由に利用できるため、ワーキングホリデーや留学生の勉強場所、またはパソコン利用の場所としても人気だが、それらの海外初心者を狙った盗難・置き引きが非常に多い。荷物は必ず目の届くところに置き、携帯電話や財布などは机の上など見える場所には置かず、また、トイレなど席を離れる場合はパソコンなど貴重品は必ず持って行こう。女性の場合はナンパも非常に多い。, 2013年度にはアメリカの旅行雑誌『Travel + Leisure』で「世界の美しい公園ランキング」第2位に選ばれたスタンレー・パーク。ぜひ、手付かずの自然が残る公園を散策していただきたいと思いますが、夜に公園内に立ち入ることは絶対にオススメしません。というのも、公園内に入っていく遊歩道は外灯もなく真っ暗な上、小動物とはいえ野生の動物もたくさん生息しているからです。非常に危険なので、夜のお散歩は避けてくださいね。, ダウンタウンの北西にある広大な公園で湖や川、そしてサイクリングロードやテニスコート、さらに、公園内にはカナダ最大規模を誇る水族館「バンクーバー水族館(Vancouver Aquarium)」などもあり、観光客をはじめ、街の人々の憩いの場となっています。ただし夜は街灯がないため真っ暗になり、ホームレスやドラッグ中毒者が寝場所として利用しているところも多いため、日が落ちた後は立ち寄らないほうが無難。過去に留学生が襲われたこともあります。, ダウンタウン北側にあるバンクーバー発祥の地として知られるギャスタウン。蒸気時計等の観光名所やお土産屋さん、ステキなインテリアショップ等があり、昼間は多くの観光客で賑わっていますし、ここ最近はオシャレなレストランやバーも増え、夜遅くまで人通りが多くなっています。しかしまだまだ注意が必要なエリアです。特にギャスタウンの東側(ギャッシーの銅像より先)は治安の悪いエリアとなっています。東側はお店が多いエリアではないので、暗くなってからは近づかないよう気をつけてください。, バンクーバーは、バス、電車(スカイトレイン)、シーバス(フェリー) など基本的な全ての交通手段は「TransLink」という会社が一括して運営しています。朝は全ての交通機関が通勤・通学ラッシュのため非常に混み合い、電車やバスの場合は何本か見送らせないと乗れないことも。そんな混雑時には特にリュックなど後ろに背負うタイプのカバンの場合、カバンをナイフなどで切られて中身を盗まれることもあるため、混雑時にはカバン自体を手に持つか、貴重品などはカバンの奥に入れるなど注意が必要です。, 多くのストリートは表向きの道と裏道が平行に並んでいますが、人通りが少なく、ゴミ箱などが置いてあるのが裏道。たとえ周辺が安全なエリアであっても、ホームレスや麻薬中毒者がゴミ箱を漁っていたり、寝ていたり、ドラッグをしていたりする場面もあり、要注意。また、特にダウンタウンの裏通りには道路にドラッグ用の注射器の針が落ちていることもあるため、たとえそれが近道であってもあえて人通りの多い道を選び、必要な時以外は通らない方が無難です。, 交通網としてバスが発達しているバンクーバー。スカイトレイン(電車)の駅も増え便利になってきましたが、旅行者の移動手段としてまだまだバスは手放せません。ただし、昼間に利用する分には問題はありませんが、夜遅くのバス利用は避けた方が無難。というのも、ドラッグをやっている人達や酔っ払い等、直接被害を加えられることは少ないものの、近寄りがたい人たちが乗車してくることが多いのです。怖い思いをしなくてすむよう、夜遅く移動する場合はタクシーを利用するようにしましょう。, 自然が多いと感じるバンクーバー。その象徴の1つが街歩きや公園散策で遭遇する野生動物の多さではないでしょうか。リスやアライグマ、カモメ、カナダグース等多くの野生動物を見ることが出来、小さな動物に関してはかわいさからつい手を出して触りたくなったり、写真を撮りたくなったりすることも。でも触るのはやめておきましょう。というのも、あくまで野生動物、予防接種等を受けているわけではないので、どのような病気を持っているか分かりません。写真に撮って楽しむ程度にしておく方が無難です。, Internet Explorerのメニューバーにある「ツール」から「インターネットオプション」を選択。, 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。, 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。, 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。. 比較的治安がよいといわれるカナダ・バンクーバーですが、実際に住んでみると決してそう安全ではないことがわかります。特に車を狙った強盗や性犯罪が多いので、犯罪の多い地区(East Hasting、East Vancouver、サレーなど)を把握して避けることが重要かと思われます。 ガスタウンは人気の観光スポットで、昼だけでなく夜も街灯がきれいでいい雰囲気なので行かれるとよいと思います。 そのため、トラベルコの機能で一部正しく表示されない、動作しないなどの現象が発生しております。以下の方法でブラウザの設定をご確認のうえ、JavaScriptが無効になっていた場合は有効にしてください。 ガスタウンやチャイナタウンに行きたかったのですが、治安悪いんですね。昼間に行けば大丈夫でしょうか?何か気をつけること等ありますか?地図を見たり観光客感は出さない方が良いでしょうか…?, >ふう様 バンクーバーの知っておきたい治安情報について バンクーバーの治安は一部の地域や時間帯を除けば、全体的に治安は安全です。 ダウンタウンで安全な場所は、富裕層が多い「イエールタウン地区」や人通りの多い「ロブソン通り付近」、さらには「ダウンタウンの西部地区」です。 バーナビーの治安って? by 無回答 from 日本 2002/02/16 01:56:02. Home / バンクーバーを歩く・観る / バンクーバーの治安・危険な地域・犯罪について把握し、安全に旅行を楽しみましょう, 治安がよいといわれるカナダ・バンクーバーですが、実際に住んでみると決して安全ではないことがわかります。, たとえゴミだけ、バナナだけ、といったビニール袋でも、座席上においておくと、強盗をおびきよせます。, スタンレーパークのような観光客に人気の公園ですら、暗い時間になると強姦が起きるので、本当に恐ろしいです。, カナダの公園のほとんどは夜間立ち入り禁止です。そのような標識が英語で書かれているはずです。, 夜間閉鎖される日本の公園は柵で囲われていることが一般的ですが、カナダでは夜間立ち入り禁止の公園も柵や扉がないことがふつうなので、知らずに日本人旅行者が立ち入ってしまう可能性があります。, 暗いところを歩かない、人のいない場所を一人で歩かない、というのは、世界では常識ですが、日本人旅行者はどうしても気が緩みがちなようです。, 2013年にはUBC(ブリティッシュコロンビア大学)のキャンパス内で性犯罪が連続しました。, 警備を増やしてからも犯行が続く大胆さと、安全と信じられていた大学内での事件ゆえに、ニュースでも頻繁に取り扱われました。, ・ダウンタウンの東側:ガスタウン~チャイナタウン~バンクーバー鉄道駅周辺 (East Hasting通り周囲), 特に前者のEast Hasting通り周囲は、地図だけみると繁華街のような印象を受けるので注意が必要です。, ホームレス・薬物中毒者がひしめく地域で、落書きも目立つし、通るたびに気が滅入ります。, もしバンクーバーで格安のホテルがあったら、ドミトリーか、この地域(East Hasting)のホテルの可能性が高いので要注意です。, 個人旅行であれば「JTBの現地ツアー」を利用したバンクーバー半日観光がおすすめです。, おすすめの場所、危険な場所、といったことは現地ガイドに聞くのがもっとも確実ですし、その情報をもとに残りの時間を自由旅行に使うととても効率的です。, 何個もコメントしてごめんなさい(笑) All Rights Reserved, カナダグースはカナダでも割引がないので日本で買った方がよいかも。値段の安い偽物、特に通販に注意を, キャピラノ吊り橋への行き方・無料シャトルバスがおすすめ (2020年6月以降のバス時刻表), カナダのお土産といえば「メープルシロップ」と「メープルクッキー」 日本での購入もおすすめです, カナダでも新型コロナウイルス感染拡大中ですが旅行は徐々に再開されつつあります(6月21日現在). あまり治安が良くないと聞きましたが、どうですか?車がないとやはり危ない地域なのでしょうか?住んでらっしゃる方、どんな情報でもいいので、バーナビー周辺について教えてください。 Res.1: by ペンギン from 氷の上 … コメント大歓迎です。お役にたてるとよいのですが。 「住んでる人に聞いてみた!(SUMIKIKI.com)」は、世界各地に住んでる人に聞いてみた、おすすめホテルやスポットを紹介するWEBメディアです。, バンクーバーは過去に住みやすい都市世界1位になるなど大変住みやすい都市で旅行や留学で滞在してみたいと思っていらっしゃる方が多いですが、それなりに危険な事に遭遇することや危険な場所も存在します。, 今回は私の滞在経験を元にこれからバンクーバーへの滞在を検討されている方へ安全で楽しく滞在できる方法をご紹介いたします。, 同じホテルを予約しても、「どの予約サイトを使うかによって、宿泊料金は安くも高くもなる」こと、ご存知ですか?, 「Hotelscombined」を使えば、国内外のホテル予約サイトを一括検索、キャンペーン情報も網羅しているので、常に最安値のホテルプランをみつけることができます。宿泊費という一番お金がかかる部分を、いつでも節約することができる、「旅行するなら絶対に利用しないと損!」な、裏技的なサイトです。, おすすめ記事→年間150泊してわかった!どんなホテルも最安値で予約できる方法とは?, ダウンタウンで安全な場所は、富裕層が多い「イエールタウン地区」や人通りの多い「ロブソン通り付近」、さらには「ダウンタウンの西部地区」です。, 逆に治安が悪く、日中でも1人では歩かない方が良いのは「ヘイスティングストリートの東地区」で「ギャスタウンの東側からチャイナタウンにかけてのエリア」です。, この地域には薬物依存の方やお酒を飲んで暴れている方を多く見かけるのが日常茶飯事なので、余程の目的がない限りは近づかない事をおすすめします。, 観光中の注意としては金品などの貴重品は多く持ち歩かない、かばんは常に目で確認できる位置で持つ、歩行はダラダラせずに早歩きで歩く、夜間は出来るだけ一人で歩かない事などです。, 服装で気を付けた方が良いことは肌を多く露出させない事で、特に女性は短いスカートやタンクトップで街を歩かない方が安全です。, 滞在のおすすめのエリアは、ダウンタウンの中心かもしくは中北部がおすすめ。特に、ショッピングや食事を楽しみたい方は、ロブソンストリート付近やグランビルストリート付近が良いでしょう。, 海の景色や自然の景色をホテルの部屋から見たい方には、ウオーターフロント付近のホテルやスタンレー公園までの間にあるデンマンストリート付近がおすすめです。, ダウンタウン付近は比較的価格が高いホテルが多いですが、部屋がきれいな事や立地の条件、サービスの良さなどでお金には代えられない部分があります。, 対照的におすすめしないのが、メインストリートやヘイスティングストリートの東地区です。それらの地域にあるホテルの料金は安い所が多く経済的ですが、やはり治安の問題があり付近を歩くことにおすすめが出来ません。, どうしても滞在費は安く抑えたい人向けで、ダウンタウンの中心にも価格の安いユースホステルがあるのでなるべくダウンタウンの中心に滞在した方が良さそうです。, イエールタウンは高級住宅街や高級ホテルが集まっている他、おしゃれなカフェやレストラン、ショップなどもあります。, 食事に関してはファーストフードのハンバーガーからシーフードを使った海鮮料理までと選択の幅が広いです。ビーチやグランビルアイランドも近い為、海の景色が見たい方や世界中の食べ物に出会えるグランビルアイランド市場に興味がある方にもおすすめです。, おすすめのホテルはオーパスホテルです。イエールタウンでも比較的宿泊費がリーズナブルな上、部屋が綺麗な事、自転車を無料で貸してくれるなどのサービスもあって満足出来ます。, スカイトレインのイエールラウンドハウス駅から徒歩1分のところにある立地の良さも定評があります。, 賑やかな繁華街エリアに滞在したい人には、「ロブソン通り付近」がおすすめ。バンクーバーに滞在中に絶対に立ち寄って頂きたいのがロブソン通りです。, ロブソン通りはショップやレストランが多く集まっているバンクーバーで最も賑わいがあるストリートです。昼夜問わず人が多くいる為治安も良く、通りを歩いているだけでその賑わいを堪能出来ます。, コスメ、アクセサリーのショップも多く、お土産にお店を覗いてみるのがおすすめです。アジア系のレストランが多く、特に日本食や韓国料理店が多いので、海外にいながらも普段なじみの食を楽しむことも出来ます。, また日本人の店員さんが多いお店や日本の物が専門で売られているショップもある為、現地で困ったことがあれば訪ねてみるのが良いでしょう。, おすすめのホテルはウエッジウッドホテル&スパです。位置はホンビーストリートとボブソン通りが始まる交差点の近くにありボブソン通りをスタートから見ていく事が出来ます。, 価格もお手頃で、外観と内装ともに豪華でリッチな気分を味わえます。フロントデスクは24時間対応しておりますので緊急事態も安心です。, バラード駅周辺はノースバンクーバーへの通過点であるウオーターフロント駅や、北米最大の公園スタンレー公園行きのバス停乗り場までの所要時間が、それぞれ5分程度と立地が大変良いです。, 近隣にもレストランやショップなども集まっており、用事を済ませるのに事かかないです。スカイトレインのバラード駅からは郊外方面に向かう電車やバスもあり、ダウンタウン中心部への移動はもちろんの事、空港やビクトリア行きの船乗り場まで向かう為の交通の便にも優れています。, おすすめのホテルは「エクゼクティブホテルソレイユ(Executive Hotel LeSoleil)」です。屋内にプールがあってフィットネスセンターも近くにあり、ホテルに滞在するとフィットネスセンターの割引券がもらえます。お手頃価格で気軽に運動を楽しみたい方にもおすすめです。, 空港からダウンタウンへのアクセスはタクシーが一番楽な選択肢ですが、一度に30ドルほどかかるのとチップが発生する為、現地に到着してすぐに割高になってしまいます。, 代わりにカナダラインを利用するのが良いでしょう。2010年のオリンピックに合わせて空港からダウンタウンまで電車一本で結んでからは非常に交通の便が良くなっています。, 所要時間は30分程で、4ドルでチケットを購入すれば乗車出来ます。チケットは必ず空港内の売店やセブンイレブンで買うことをおすすめします。, そうでなければ航空使用料の5ドルが余計にかかって9ドルになってしまいますので。カナダラインに乗る際は荷物を自分の近くに置いておくことや乗客が多い車両を選ぶと良いでしょう。, バンクーバーは全体的に治安が良いのとフレンドリーな方も多いので、事前に危険な場所や時間帯について調べておけば心配はいらないです。, 日本でもそうですがいつ何が起こるかわからないので、常に警戒心を持って行動することが大事です。滞在期間中は何事もなくバンクーバーで楽しんで頂きたいです。, そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。, このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。, 現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。, WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。, 僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。, ホテルの料金は、予約サイトによって料金が違います。こちらに「旅先」「宿泊日時」を入力して検索すると、ホテルの最安値を調べることができます▼, SUMIKIKI編集長が運営しているWEBスクールです。この旅行サイトをはじめ、インターネット広告を活用したWEBサイト運営をしながら、「世界を自由に飛び回る力をつける」ための方法をお伝えしています。.